文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ISO情報技術国内委員会 > SC35国内委員会
SC 35国内委員会(ユーザインタフェース)委員長 関 喜一

1.委員会概要
 SC 35(第35専門委員会)は,情報技術のユーザインタフェース(情報通信機器を操作するときの入出力に関わる技術) の国際規格を審議する委員会である。 この委員会の議長・幹事国はフランスが務め,2017年9月現在, Pメンバ(積極的な参加国)日本含む17カ国,Oメンバ(オブザーバ国)17カ国で構成されている。国際会議は通常年2回開催している。 国際SC 35では,次の7つのWG(作業部会)において標準化活動が行われている。日本はWG 2とWG 4の2つのWGのコンビーナ(作業部会の議長)を務めている。

   ・ WG 1:キーボード及び入力インタフェース

   ・ WG 2:グラフィカルインタフェース及びインタラクション

   ・ WG 4:モバイルデバイスのインタフェース

   ・ WG 5:文化的及び言語的適合性

   ・ WG 6:ユーザインタフェースアクセシビリティ

   ・ WG 7:ユーザインタフェースのオブジェクト,動作及び属性

   ・ WG 8:遠隔インタラクションのためのユーザインタフェース

 国内委員会において,WG 5及びWG 8を除くWGの審議はJBMIA,SC 35(WG 5及びWG 8含む)の審議は 一般社団法人情報処理学会情報規格調査会という形式で審議を行っているが, 実質的な審議はJBMIA内でWGとの合同委員会において行っている。また国内WGについては, WG 1,WG 2(WG 7の案件を含む),WG 4,WG 6,WG 8の5つが組織されており, そのWGでそれぞれの案件を審議している。 なお,WG 5についてはSC 35専門委員会で対応している。


2.活動内容
 審議の対象となるユーザインタフェースは,従来のキーボードから, 最新の音声やジェスチャ(身振り手振り)入力までを幅広く扱う。また高齢者・障害者配慮のための ユーザインタフェースアクセシビリティ(視覚などに障害のある人を含めた多くの人が機械を操作できること) も重要な焦点となる。日本は積極的に標準化活動に貢献しており,2016年9月現在,19件の審議案件があり, そのうち4件は日本がエディタ(編集責任者)を務めている。


3.審議規格など
2017年9月現在,次の20件を審議中または出版待ちである。
  • ISO/IEC 9995-9:2016/NP Amd 1
  • ISO/IEC DIS 13251 Information technology -- Collection of graphical symbols for office equipment
  • ISO/IEC AWI 17549-1 Information technology -- User interface guidelines on menu navigation -- Part 1: Framework
  • ISO/IEC WD 17549-3 Information technology -- User interface guidelines on menu navigation -- Part 3: Navigation with 1-direction devices
  • ISO/IEC NP 20071-11 Information technology -- User interface component accessibility -- Part 11: Guidance for alternative text for images
  • ISO/IEC PRF TS 20071-15 Information technology -- User interface component accessibility -- Part 15: Guidance on scanning visual information for presentation as text in various modalities
  • ISO/IEC DIS 20071-23 Information technology -- User interface component accessibility -- Part 23: Guidance on the visual presentation of audio information (including captions and subtitles)
  • ISO/IEC 20382-1 Information technology -- User interfaces -- Face-to-face speech translation -- Part 1: User interface
  • ISO/IEC 20382-2 Information technology -- User interface -- Face-to-face speech translation -- Part 2: System architecture and functional components
  • ISO/IEC AWI 22121-1 Information technology -- Virtual keyboards user interfaces -- Part 1: Generic interface
  • ISO/IEC AWI 22121-2 Information technology -- Virtual keyboards user interfaces -- Part 2: Virtual keyboards interactions
  • ISO/IEC WD 22607 Information technology -- User interfaces -- Icons for setting interaction modes
  • ISO/IEC AWI 24752-7 Information technology -- User interfaces -- Universal remote console -- Part 7: RESTful target integration
  • ISO/IEC DIS 24752-8 Information technology -- User interfaces -- Universal remote console -- Part 8: User interface resource framework
  • ISO/IEC NP 24786 Information technology -- User interfaces -- Accessible user interface for accessibility settings
  • ISO/IEC DIS 29138-1 Information technology -- User interface accessibility -- Part 1: User accessibility needs
  • ISO/IEC CD 30071-1 Information technology -- Development of user interface accessibility -- Part 1: A code of practice for creating accessible ICT products and services
  • ISO/IEC AWI 30112 Information technology -- Specification methods for cultural conventions
  • ISO/IEC CD 30113-5 Information technology -- User interface -- Gesture-based interfaces across devices and methods -- Part 5: Gesture Interface Markup Language(GIML)
  • ISO/IEC AWI 30150 Information technology -- Affective computing user interface -- Framework

4.その他
 情報技術の分野は進化が速く,ユーザインタフェースも次から次へと新しいものが登場する。今後注目しておかなければならないのは,例えばウェアラブルデバイス(腕時計型やメガネ型など, 肌身に装着可能な機器)のユーザインタフェースである。これらは,デバイスが小型であるために, 従来のキーボードやタッチパネルなどのように直接触って操作するものだけではなく,音声やジェスチャによる非接触の操作も取り入れられている。さらに,感性情報処理に基づくユーザインタフェースの審議が始まった。また,将来はBMI(Brain Machine Interface)のような,脳から直接操作するインタフェースも登場する可能性がある。これらの新技術に追随して標準化活動を進める必要がある。

WGs国内委員会(ユーザインタフェース)
・WG 1(主査 中野 義彦)
キーボードおよび入力インタフェースなどに関する案件を審議している。

・WG 2(主査 池田 宏明)
図記号などによるユーザインタフェースインタラクションに関する案件を審議している。

・WG 4(主査 池田 宏明)
モバイルデバイスのためのユーザインタフェースなどに関する案件を審議している。

・WG 6(主査 野村 茂豊)
高齢者・障害者を含めた全ての人のためのユーザインタフェースなどに関する案件を審議している。
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 SC35国内委員会 事務局
FAX : 03-3451-1770
〒108-0073 東京都港区三田3-4-10 リーラヒジリザカ7階
個人情報保護について
ご利用条件について

Copyright 2015 Japan Business Machine and Information System Industries Association. All Rights Reserved.