文字サイズの変更
JBMIA
 検索
ISO情報技術国内委員会 > SC35国内委員会 > WG4
SC 35/WG 4国内小委員会(モバイルデバイスのためのユーザインタフェース等に関する案件)主査 池田 宏明

1.委員会概要
 ISO/IEC JTC 1/SC 35専門委員会内(ユーザインタフェース領域)の 第4ワーキンググループ(WG 4)の国内対応小委員会であり,モバイル機器のユーザインタフェースに関する ISO/IEC規格を審議している。 10名の委員で構成される。国際SC 35/WG 4のコンビーナは,山本喜一氏。が再任された。任期:3年(2020-01-01~2022-12-31)。


2.活動内容
 メニュー選択ユーザインタフェース ガイドラインのマルチパートの国際規格の開発にあたっている。 第1部:メニューナビゲーション規格群のフレームワーク及び第3部:1方向デバイスを用いたメニューナビゲーションのCDを審議した。 また,2015年に発行された第2部:4方向デバイスを用いたメニューナビゲーションのマイナーリビジョンのFDISを提出した。


3.審議規格など

次の案件を国際審議し,国際規格等として出版した。

  • ISO/IEC CD 17549-1 Ed.1 Information technology – User interface guidelines on menu navigation – Part 1:Framework(情報技術 - メニュー選択ユーザインタフェース ガイドライン - 第1部︓枠組),フランス提案
  • ISO/IEC FDIS 17549-2 Ed.2 Information technology – User interface guidelines on menu navigation – Part 2: Navigation with 4-direction devices(情報技術 - メニュー選択ユーザインタフェース ガイドライン - 第2部︓ 4方向デバイスによるナビゲーション),日本提案,プロジェクトエディタ︓池田宏明氏
  • ISO/IEC CD 17549-3 Ed.1 Information technology – User interface guidelines on menu navigation – Part 3: Navigation with 1-direction devices(情報技術 - メニュー選択ユーザインタフェース ガイドライン - 第3部︓1方向デバイスによるナビゲーション),フランス提案


4.今後の展望
 モバイル機器のユーザインタフェースは,タッチパネル機構や新しい ジェスチャー機能と相まって大きく変化している。現在,各WGで横断的に議論を進めている。 今後の課題として,この動向を見据えながら,モバイル機器に対するアイコン・シンボルの検討も行う必要があると考える。
一般社団法人 ビジネス機械・情報システム産業協会 SC35国内委員会 事務局
FAX : 03-3451-1770
〒108-0073 東京都港区三田3-4-10 リーラヒジリザカ7階
個人情報保護について
ご利用条件について

Copyright 2015 Japan Business Machine and Information System Industries Association. All Rights Reserved.