JBMIAロゴマーク SC 35/WG 4国内委員会
(モバイルデバイスのためのインタフェース等に関する案件)
主査 池田 宏明



1.委員会概要

ISO/IEC JTC 1/SC 35専門委員会内(ユーザインタフェース領域)の第4ワーキンググループ(WG 4)の国内対応小委員会であり, モバイル機器のユーザインタフェースに関するISO/IEC規格を審議している。10名の委員で構成される。国際SC 35/WG 4のコンビーナは,山本喜一氏である。任期:3年(2020-01-01〜2022-12-31)。

[9] 目次へ

2.活動内容

メニュー選択ユーザインタフェース ガイドラインのマルチパートの国際規格の開発にあたっている。 第1部:メニューナビゲーション規格群のフレームワーク及び第3部:1方向デバイスを用いたメニューナビゲーションのCDを審議した。 また,2015年に発行された第2部:4方向デバイスを用いたメニューナビゲーションのマイナーリビジョンのFDISを提出した。

[9] 目次へ

3.審議規格など

最近次の案件を国際審議し,国際規格等として出版した。

[9] 目次へ

4.今後の展望

モバイル機器のユーザインタフェースは,タッチパネル機構や新しい ジェスチャー機能と相まって大きく変化している。現在,各WGで横断的に議論を進めている。 今後の課題として,この動向を見据えながら,モバイル機器に対するアイコン・シンボルの検討も行う必要があると考える。

[9] 目次へ