JBMIAロゴマーク SC 35/WG 1国内小委員会
(キーボード及び入力インタフェースとフィードバック)
主査 中野 義彦



1.委員会概要

キーボードをはじめ情報機器の入力に関するユーザインタフェースに関するISO/IEC規格を審議している。

[9] 目次へ

2.活動内容

WG 1は,対象が情報機器の入力に関するユーザインタフェースであるため,他のワーキンググループの案件と関係が深い場合が多いので,他のワーキンググループと合同で提案を審議することが多い。

[9] 目次へ

3.審議規格など

(1)2019年度上期までに完成した規格

9995シリーズ規格 Information technology -- Keyboard layouts for text and office systems

ISO/IEC 9995シリーズ規格のうち2019年度に発行された規格はない。

(2)2019年度に審議中の案件

(3)2020年度に提案見込の案件

[9] 目次へ

4.今後の展望と課題

アクセシビリティを改善するための仮想キーボードの審議が開始されている。ジェスチャーベースの規格(ISO/IEC 30113シリーズ)審議がほぼ完了時期となっているがSC 35/WG 9に移管された。利害関係者の参加を促進する。

[9] 目次へ